• 在校生の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 中学受験の皆様へ
  • 高校受験の皆様へ

7つのポイント

POINT1. クラス編成

生徒の表情をしっかりと見つめ、
学力、進学意欲、希望進路に合わせて柔軟にサポートします。

3 ステージ制による6年一貫教育

※ 5年生までの間は、各学年の進級時に特別進学クラスと進学クラスの入れ替えを実施する場合があります。
※ 5~6年生の間は、原則として進級時のクラス変更は行いません。

POINT2. 全教科で学習シラバスを設定

各学年での到達目標の目安として、学習シラバスを設定しています。

POINT3. 習熟度別授業・分割授業

数学は1〜4年生、英語は1年生から全学年で習熟度別授業を行っています。そのほか、英会話ではクラスを2〜3つに分割し、3名のネイティブ教員による1グループ10数名のレッスンを行っています。

POINT4. グレード別選択講座

希望進路が固まる5~6年生で開講する特別講座。各科目の選択授業を基礎・応用/志望大学レベル別などで用意しています。

POINT5. フォローアップ講習

各学年での到達目標の目安として、学習シラバスを設定しています。

POINT6. 模擬試験を学力分析に活用

中学3年間は、「基礎学力を測るためのテスト」と「応用力を測るためのテスト」の2種類に分けて年に複数回ずつ受験します。高校・進学クラスでは各学年で年4~5回、特進クラスにおいては7~10回の模擬試験を行い、全国での自分の学力をしっかりと把握します。そのうえで目標を明確に設定し、その到達に向けた個人レベルでの学習指導を、きめ細やかに実践しています。

POINT7. 手帳を活用した自己管理

入学後、生徒全員に配るスケジュール手帳。
使いこなせば毎日を主体的・効率的に行動できるようになります。

先を見通す力をつけ、主体的な計画づくりを促す

  • ● 手帳の記録・自ら立てた目標と成績の推移を連動させることで、「自分に必要なもの」を考えることができるようになります。自分で計画し、改善する力や先を見通す力が身についていきます。

担任と生徒のコミュニケーション

  • ● 自由コメント欄を担任への相談に使う生徒もいます。面と向かうと意見を話しづらい生徒とのコミュニケーションに役立っているほか、お互いの信頼関係の向上にも効果があるように感じます。

学習記録を自信につなげる

  • ● 学習予定や学習時間の記録を読み返すと、自分の学習内容を客観的に振り返ることができます。学習量の積み重ねが目に見えることで「自分はここまでできる」「これだけやってきた」という自信にもつながります。

手帳を使う習慣をつける

  • ●宿題や提出物、次回の授業で準備する持ち物などをメモすることで手帳に書き込む習慣をつけます。また、授業やホームルームでは積極的に手帳を開かせることで手帳を読み返す機会を多く設けます。
  • ●上手な使い方をしている生徒は表彰したり、他のクラスメートに紹介したりすることで、手帳を使う楽しみを広げます。
手帳 クリックで拡大します。

STUDENT'S VOICE

主に定期テスト対策に利用しています。私は、テストまでにやるべきことを一覧にして、日ごとに振り分けながら学習計画を立てています。ポイントは計画を詰め込みすぎないこと。予定通りにいかない日もあるので、翌日以降の計画を調整し直せるようにしています。毎日きちんと手帳を見返して、実行していくうちにテストの点数が目に見えて上がりました。
(3年 K.N.)

放送部の活動と勉強を両立させたくて、毎日の勉強時間を確保するために手帳を使っています。毎晩、寝る前にその日のできごとを書いているのですが、これまでの記録を振り返ることができるので、安心したり反省したり、今では離れられない存在です。スケジュールをしっかり書くことで、勉強だけでなく生活習慣も整いました。
(3年 S.R.)


このページトップへ